新着情報

脂肪分解治療とは

≪脂肪分解治療とは-脂肪溶解注射とトゥルースカルプ≫

明けましておめでとうございます。
年末年始は私を含め、食べ過ぎの割りに体は動かさず、
という方が多かったのでは。

年明けから春に向けては少しづつ、部分やせの相談が増えてきます。

ここ数年、クリニックでボディメイク・痩身の治療として注目されているのが、
脂肪吸引ではなく、脂肪分解という方法です。

全身麻酔でおこなう、脂肪吸引もいまだにおこなわれる治療ですが
ダイエット意識の高まりの中、脂肪吸引ほどハードルが高くなく、
クリニックでおこなえる治療として、脂肪分解の相談、治療が増えています。

皮膚を切開して脂肪を外に出すのではなく、脂肪をその場で壊していく。
この脂肪分解には、『化学的分解』『機械的分解』があります。

ファイル 68-1.png
脂肪溶解注射

『化学的分解』 とは脂肪溶解注射のことです。現在、世界各国で用いられている
脂肪溶解注射の成分はデオキシコール酸とフォスファチジルコリン。
共に以前から高脂血症や胆石の治療に用いられていた成分になります。
デオキシコール酸は、胆汁に含まれる成分で、脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解します。
脂肪を水に溶ける形にする薬剤として用いられ、さらにこのデオキシコール酸は、
細胞自体を壊していく効果も持っています。

デオキシコール酸を脂肪組織に注射すると、脂肪細胞を破壊し、
そこから流れでた中性脂肪が、フォスファチジル・コリンによって
乳化されて肝臓で分解されるというしくみです。

ファイル 68-2.png
トゥルースカルプ

一方 、『機械的分解』 とは高周波の医療機器による痩身治療のことです。
45度・3分間、
これは脂肪細胞がみずから壊れる(アポトーシス)ための条件です。
簡単そうに思えますが、今までこの条件が作り出せる医療機器は
ひとつもありませんでした。
これまで、この環境を脂肪層につくろうとしましたが、
治療時の痛みと皮膚表面の火傷が伴い、治療として成立しませんでした。
そのため高周波痩身器は、皮膚や体を温めるタイプの治療器が多かったにもかかわらず、
脂肪細胞を破壊できる温度までは加熱させる医療機器はありませんでした。

それがアメリカで1MHzのイノベーションRFと呼ばれる高周波技術が開発され、
表面皮膚は守りながら、厚さや深さの異なる皮下脂肪・セルライトを
破壊し、分解させることが可能となりました。
(日本のクリニックに第一号機が導入されたのは、2012年の11月)
この高周波『トゥルースカルプ』は米国FDA、EU諸国からCEを取得。
皮下脂肪やセルライトの除去においては、世界的に認められている痩身治療になります。

この脂肪分解、体は2~3週ごと、フェイスラインは2週ごとの治療となります。
説明がわかりづらくなってしましました。
ご興味のある方はクリニックまでご相談ください。


<関連情報>
◇脂肪分解治療について詳しく知りたい方はこちら



---------------------------------------------------------------------------

<院長 宮崎浩彦のブログ 更新履歴>
※11月のブログ「スーパードクターのライブ手術 第一回・乳房形成手術セミナーに参加して」は、こちら
※12月のブログ「John A. Burns School of Medicineアメリカ美容外科研修に参加して」は、こちら 
※ 1月のブログ「美容皮膚科研究会(ユーザースミーティング)に参加して」は、こちら
※ 2月のブログ「John A. Burns School of Medicineアメリカ美容外科研修に参加して(その2)」は、こちら
※ 4月のブログ「眼瞼(目)ライブ手術に参加して」は、こちら
※ 5月のブログ「中国(大連)美容外科研修に参加して」は、こちら
※ 6月のブログ「Dr.山本のライブ手術(鼻、目)に参加して」は、こちら
※ 7月のブログ「最新脂肪吸引の研究会に参加して」は、こちら
※ 8月のブログ「中国(大連)美容外科研修に参加して(2)」は、こちら
※ 9月のブログ「アラガン(ボトックスメーカー)のミーティングに参加して」は、こちら
※10月のブログ「韓国美容外科の研究会に参加して」は、こちら
※11月のブログ「サーマクール院内セミナー開催」は、こちら
※12月のブログ「しみ治療の勉強会に参加して」は、こちら
※ 1月のブログ「ショッピングスレッド研究会(韓国・江南)」は、こちら
※ 2月のブログ「イタリア発!ヒアルロン酸研究会」は、こちら
※ 3月のブログ「韓国最新糸リフト、ショッピングスレッド」は、こちら
※ 4月のブログ「レーザー治療の研修会実施」は、こちら
※ 5月のブログ「タトゥー治療法の違いについて」は、こちら
※ 6月のブログ「フェイスリフトの術前術後経過」は、こちら
※ 7月のブログ「隆鼻術の術前術後経過について」は、こちら
※ 9月のブログ「ピーリングにできること」は、こちら
※11月のブログ「美容アンチエイジング認定医に登録」は、こちら
※12月のブログ「肌の過乾燥を防ぐには」は、こちら
※ 2月のブログ「ビタミンの超音波導入・イオン導入」は、こちら
※ 3月のブログ「多汗にボトックス治療」は、こちら
※ 4月のブログ「ボトックス ビスタとは」は、こちら
※ 5月のブログ「脱毛の最新鋭機導入」は、こちら
※ 6月のブログ「第101回美容外科学会に参加して」は、こちら
※ 7月のブログ「美容外科専門医とは」は、こちら
※ 8月のブログ「ホクロ治療について」は、こちら
※ 9月のブログ「ライブ手術の学会に参加して」は、こちら
※10月のブログ「肌のハリにヒアルロン酸のイオン導入」は、こちら
※11月のブログ「お腹の脂肪吸引について」は、こちら
※12月のブログ「札幌でボトックスの勉強会について」は、こちら
※ 2月のブログ「鹿児島での手術勉強会」は、こちら
※ 4月のブログ「第4世代のヒアルロン酸とは」は、こちら
※ 5月のブログ「入れ墨(タトゥー)除去」は、こちら
※ 6月のブログ「美容外科学会に看護師参加」は、こちら
※ 7月のブログ「カバーマークについて」は、こちら
※ 8月のブログ「えら・ふくらはぎボトックス勉強会について」は、こちら
※ 9月のブログ「ウルセラ(超音波)リフトについて」は、こちら
※ 11月のブログ「アンチエイジング研究会に参加について」は、こちら
※ 1月のブログ「針のない注射器茨城初導入について」は、こちら
※ 2月のブログ「創傷被覆材(そうしょうひふくざい)について」は、こちら
※ 3月のブログ「脂肪溶解注射について」は、こちら
※ 4月のブログ「バストのトップの治療について」は、こちら
※ 6月のブログ「美容外科学会に参加して」は、こちら
※ 7月のブログ「目の下のシワ、たるみ治療」は、こちら
※ 9月のブログ「刺青(入れ墨)切除術のライブ勉強会」は、こちら
※10月のブログ「入れ墨の剥削(はくさく)治療について」は、こちら
※11月のブログ「BNLS(脂肪溶解注射)について」は、こちら
※12月のブログ「日本アンチエイジング外科研究会に参加」は、こちら
※ 2月のブログ「しわ、たるみにはレーザーリフティング」は、こちら
※ 4月のブログ「“わきが”治療適齢期とは」は、こちら
※ 5月のブログ「第104回美容外科学会に参加して」は、こちら
※ 7月のブログ「日本アンチエイジング外科学会に参加して」は、こちら
※ 8月のブログ「糸リフトの勉強会に参加」は、こちら
※10月のブログ「部分痩せ治療、顔の引き締め/トゥルースカルプ」は、こちら
※11月のブログ「韓国(カンナム)研修-痩身、ほうれい線」は、こちら
※ 2月のブログ「ひげの脱毛 メディオスター」は、こちら
※ 4月のブログ「多汗症、わきが、すそがの治療について」は、こちら
※ 6月のブログ「<わきが>の勉強会に参加」は、こちら
※ 8月のブログ「ピコレーザー導入にあたり」は、こちら
※ 4月のブログ「ビューホットのユーザーミーティング」は、こちら
※ 5月のブログ「サーマクール・ダブロでしわたるみの治療」は、こちら

新着情報一覧へ