目の下のたるみ、ふくらみが気になられる方のケース

まぶたのたるみ取り

目の下のたるみ、ふくらみが気になられる方のケース

症状・ご要望

目の下のたるみが気になる場合は、皮膚の伸びが原因の事があります。

採用した術式

目の下が脂肪でふくらんでおり、くぼみや影、段差ができてしまう方などは、脂肪を取り除くことでふくらみが目立ちにくくなり、くぼみや段差、影の改善を目指します。

治療の流れ

麻酔

目の下の余分な皮膚の幅を計測し、デザインします。そして、点眼麻酔、まぶたの消毒を行います。
そして、局所麻酔を行います。

手術

下まつ毛の生え際を切開し、余分な皮膚とその下にある筋肉(眼輪筋)を取り除き、縫合します。

治療のポイント

目の下のふくらみは脂肪によることがあります。目の下は脂肪除去だけでは、脂肪に押し出されていた皮膚がたるみ、しわが増えてしまいます。
そのため、脂肪除去とたるみ取りを同時に行う事もあります。