目の下のたるみが気になられる方のケース

まぶたのたるみ取り

目の下のたるみが気になられる方のケース

症状・ご要望

30代になってから目元だけが急に老けたように感じられる方もいます。

採用した術式

下まつ毛の生え際に沿って切開し、余分な皮膚を切除し縫い合わせ、ハリのある目元を、目指す方法です。

治療の流れ

麻酔

目の下の余分な皮膚の幅を計測し、デザインします。そして、点眼麻酔、まぶたの消毒を行います。
そして、局所麻酔を行います。

手術

下まつ毛の生え際を切開し、余分な皮膚とその下にある筋肉(眼輪筋)を取り除き、縫合します。

治療のポイント

下まつ毛の真下に治療のラインをとり、目立ちにくくなることを目指します。