授乳後のバストが気になられる方のケース

豊胸・シリコンバッグ

授乳後のバストが気になられる方のケース

症状・ご要望

授乳が終わってから気になり始める方もいます。

採用した術式

人工乳腺(バッグ)豊胸手術とは、わきのシワに沿って4センチ程切開し、人工乳腺のバッグを挿入してバストアップさせる治療です。
ご自身のバスト、体形、骨格やバランスに合わせた自然なバストを目指します。

治療の流れ

麻酔

麻酔専門医(日本麻酔科学会)による全身麻酔で手術を行います。

手術

当院ではご自身のバストの状態、骨格、体形などにより2通りあります。

nophoto

「大胸筋下法」
大胸筋下法とは、乳腺の下にある大胸筋と呼ばれる筋肉の下に人工乳腺のバッグを挿入する方法です。大胸筋の下に人工乳腺のバッグを挿入するので、バッグは大胸筋に覆われはっきりした形がわかりにくく自然な仕上がりになります。
大胸筋下法は、ご自身のバストのボリュームが少ない方に適しています。



nophoto

「乳腺下法」
乳腺下法とは、乳腺と大胸筋の間(乳腺の下)に人工乳腺のバッグを挿入する方法です。
大胸筋下法に比べると皮膚に近い部分に人工乳腺のバッグが挿入させるので、ご自身のバストのボリュームが少ない方はバッグの形がはっきりしてしまい不向きです。
乳腺下法は、ご自身のバストのボリュームがしっかりある方に適しています。

治療のポイント

バストのしわの改善を目指し、服装選びの自由度があがる事を目標とします。