肝斑治療美肌

肝斑は、30~40代のアジア系の顔つきの女性に多くみられ、両頬など左右対称的に現れる女性特有のしみです。
原因は明らかになっていませんが、紫外線や慢性的なこすりすぎによる肌のバリア破壊やホルモンバランスの崩れなどが影響していると考えられています。
完治させる治療方法は残念ながらありませんが、レーザートーニングをはじめ、トランサミン(トラネキサム酸)の内服、ハイドロキノンなどの改善方法があり、よい状態を保ちながら、長く付き合っていくことが大切です。

レーザートーニング(肝斑治療)

レーザートーニングとは、Qスイッチヤグレーザーを使用した新しい肝斑の改善方法です。肌の中に滞留しているしみの原因であるメラニンを少しずつ分解していきます。
これまでは、レーザー治療では肝斑を悪化させる可能性があるためレーザー治療が無効でした。レーザートーニングは炎症を起こさない出力でレーザーを優しく照射し、均一にエネルギーを届け、正常な皮膚を傷つけることなく、安全で効果的に改善できます。
レーザートーニングは、肝斑の他に、肌のくすみや毛穴の開きにも効果があり、繰り返し照射するごとに角質が柔らかくなり改善されていきます。
トランサミン(トラネキサム酸)の内服と併用するとさらに効果的です。

お勧めな方
  • 肝斑が気になる方
  • くすみが気になる方
お勧めできない方
  • 金の糸を使用した糸リフトを行っている方
  • 妊娠中または授乳中の方

水戸中央美容形成クリニックで使用しているQスイッチヤグレーザー

水戸中央美容形成クリニックでは、米国HOYA ConBio社の「メドライトC6」を使用しています。

<メドライトC6の特徴>
メドライトC6は、しみ治療やタトゥー、アートメイク除去に加え、治療が難しかった肝斑にも効果があり、安全性に優れているのが特徴です。
従来のレーザーはレーザービームの強さに偏り(レーザービームの中心部分にエネルギーが集中し、端に行くほど弱くなる)があり、肝斑を悪化させてしまうため、レーザー治療は行われていませんでした。
メドライトC6は、偏りのない均一なエネルギーで照射することができるため、炎症を起こすことなく、安全で効率的な肝班治療(レーザートーニング)を行うことが可能です。

レーザートーニング(肝斑治療)の流れ

1.カウンセリング

お化粧などを落として頂き、しみの状態を診察します。

2.施術

治療する部分を消毒し、レーザーを照射します。照射中の痛みはチクチクと感じる程度です。

3.施術終了

照射後は、メイクをしてお帰りいただけます。

レーザートーニング(肝斑治療)のメリット・デメリット

メリット
  • 周囲の組織を傷つけることなく、安全で効果的に肝斑を改善します。
  • 短時間(約10分)で終了します。
  • 日常生活の制限がありません。
  • 通院の必要がありません。
デメリット
  • 繰り返し照射することで効果が現れます。
  • あくまで改善方法のため、効果を維持しようとする場合は、定期的な照射が必要となります。

治療について

治療時間・通院

治療時間:約10分
通院:不要(5回セットの場合は、1週間以上あけてから次の照射が可能です。)

料金
レーザートーニング 顔全体 1回 50,000円(税別)
    5回セット 200,000円(税別)
  両頬のみ 1回 35,000円(税別)
    5回セット 125,000円(税別)

治療後の注意事項

  • 照射後に赤みが出る場合がありますが、2~3日程で落ち着きます。
  • 洗顔、メイクは当日より可能です。
  • 紫外線対策をしっかり行って下さい。

よくある質問

肝斑にレーザー治療はよくないと聞いたことがありますが、大丈夫ですか?
従来のレーザー治療では、肝斑を悪化させる可能性がありました。肝斑はメラニンが作られやすい状態となっているので、レーザーの刺激でメラニンを逆に増やしてしまうことがあります。
当院で使用しているメドライトC6は、従来のレーザー治療とは違い、非常にマイルドに調整された出力で徐々にメラニンを少なくしていくので、安全で効果的に改善することができます。
レーザートーニングは痛みはありますか?
チクチクと痛い刺激を感じる程度です。麻酔の必要はありませんが、痛みに弱い方はお気軽にご相談下さい。
レーザートーニングは1回の照射で改善されますか?
レーザートーニングは、照射を数回重ねて少しずつ肝斑を薄くしていく改善方法です。個人差はありますが、4~5回程度の照射が必要になります。
レーザー照射時間はどのくらいかかりますか?
1回の照射時間は、両頬で約10分、顔全体で約15分と、短時間で終了します。
1度レーザー照射した後、次の照射はいつから可能ですか?
照射後、次の照射までには、1週間あけて下さい。
メイクはすぐにできますか?
照射後よりメイクをして頂くことが可能です。

トランサミン(トラネキサム酸)内服

トランサミンは、しみ治療に用いられる内服薬で、特に肝斑に有効な治療薬として注目されています。トランサミンは商品名で、正式にはトラネキサム酸といい、美白効果のある抗プラスミン薬です。

肝斑の発症には、しみの元であるメラニンを作り出す細胞「メラノサイト」を活性化する働きが高まっていることがわかっています。そのメラノサイト活性化因子のひとつであり、肝斑発症に影響を与えられると考えられているのがタンパク質分解酵素のプラスミンです。
抗プラスミン作用のあるトランサミンは、メラニンが作られる前の段階でメラノサイトの活性化を阻害し、肝斑の発症を抑えると考えられています。

お勧めの方
  • 肝斑が気になる方
内服できない方
  • 血栓(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎など)がある方
  • 腎不全のある方

トランサミンのご使用方法

1日2回朝・夕に1カプセル内服して下さい。

副作用

重い副作用はほとんどありませんが、食欲不振、吐き気、胸やけなどの症状が出る場合があります。(副作用があらわれた場合は、服用を中止し医師にご相談下さい。)

料金

トランサミン 30日分 3,000円(税別)

ハイドロキノン(塗り薬)

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と呼ばれ、メラニン色素の合成を阻止する働きのある成分です。ビタミンCなどの美白成分では、今からできるメラニン色素の生成を防ぐことは可能であっても、 既にできてしまったメラニン色素を取り去ることは不可能とされています。できてしまったしみ自体を薄くすることができる成分には、現在のところハイドロキノンしかありません。長い期間ご使用することで徐々に効果が現れます。
ハイドロキノンは、黒ずみ改善にも使用されています。

水戸中央クリニックで使用しているハイドロキノン

水戸中央美容形成クリニックでは、「ナノHQクリームEX」をご用意しています。
「ナノHQクリームEX」は、ナノカプセルにハイドロキノン4%とフラーレン1%、ビタミンA・C・Eを配合した高機能透明肌クリームです。

<フラーレンとは…?>
1985年に発見された炭素60個からなる同素体で、太古から天然にも存在しています。フラーレンは様々な効果が期待され、医薬品や化粧品成分として、世界的に注目を浴びています。
フラーレンの主な効果…アンチエイジング効果、美白効果など

ハイドロキノン「ナノHQクリームEX」のご使用方法

  • 朝晩の洗顔、化粧水の後にご使用下さい。
  • 適量を手に取り、気になる部分にのみ薄く塗って下さい。
  • 保湿性の高い美容液やクリームをご使用する際は、「ナノHQクリームEX」を先にご使用頂くことをお勧めします。

※日中ご使用するときは、必ず日焼け止めをご使用下さい。

※お肌に合わないときは、ご使用を中止して下さい。

料金

ハイドロキノンクリーム 1本(5g) 4,000円(税別)

※別途:初診の方は初診代5,000円(税別)