黒子切開法facial skincare

黒子切開法

黒子(ほくろ)とは、紫外線から体を守るメラニン色素を作る「色素細胞」が、増殖したもので、単純黒子(数ミリ)と、直径15ミリ以下の小規模な母斑細胞を総称したものをいいます。盛り上がったもの、なめらかなもの、ザラザラしているものなど、様々な種類のものがあります。

多くの人の場合、小児期から思春期にかけて増えてきますが、一生増え続ける人も中にはいます。女性の場合、ホルモンの分泌により変化します。一度出来た黒子は、自然に消えることはありません。体中にある全ての黒子は、治療で取り除くことが出来ます。

切除縫縮法

局所麻酔後にほくろをメスを使用し、切り取る治療です。縫縮法では一般的にほくろを含めて紡錘形にデザインして縫い合わせます。この治療は抜糸が必要となります。

おすすめの方
  • ほくろを取って印象を変えたい方
  • 大きなほくろがある方
  • ほくろの再発が心配な方

黒子切開法の施術の流れ

1.麻酔

局所麻酔を行います。 痛みはありません。
その後、メスでほくろを紡錘状に切ります。

2.除去

ほくろを取り除きます。
切開した部分の皮膚がはがれるので広がります。

3.縫合

縫い合わせて、治療が終了します。

黒子切開法のメリット・デメリット

メリット
  • 大きなほくろや深い所にあるほくろに適しています。
  • ほくろの部分に少し余裕をもって取り除くため、再発率が、他のほくろ除去治療に比べて低くなります。
  • ほくろの部分全体を取り除くため、ご本人の希望により、病理組織検査をうけることも出来ます。
  • 大きいほくろや深い所にあるほくろでも、傷跡が線のようになり、目立ちにくくなります。
    (傷跡がシミになるのを防ぐため、日焼けなどには注意したほうが良いでしょう。)
デメリット
  • 1週間後に抜糸しなければならないため通院する必要があります。

治療について

治療時間・通院

治療時間:大きさにより異なりますが、1ヶ所約15分。
通院:1週間後に抜糸通院

料金
ほくろ切除 1mm 12,000円(税別)

症例写真

ほくろ切開除去前

ほくろは小さなものから数センチあるもの、表面が平らなものや盛り上がったものなど様々なタイプがあります。

 
ほくろ切開除去後3ヶ月

ほくろの大きさや部位により、切開法や切除法(ラジオ波)で除去します。治療後、時間とともに目立ちにくくなります。

 

治療後の注意事項

  • 治療後に貼った肌色のテープは抜糸までは剥がしたりせず貼ったままにして下さい。
  • 抜糸後は、当院でお渡しする肌色のテープを2週間~1ヵ月ほど、はがれてしまったら、貼り直すことを繰り返し行ってください。
  • ほくろなど、治療した部分は、約2ヶ月間は紫外線対策をしっかり行ってください。

患者様の声

手術内容「ほくろ除去法」

初めての手術だったので不安だったのですが、先生が手術について詳しく話してくれて安心して治療を受けることができました。治療後も全く痛みはなく、肌色のテープをはっているのであまりまわりの目を気にせず生活することができています。

ずっと気にしていたほくろだったので取れてとても嬉しいです。手術をしてよかったなと凄く感じています。

お名前 M.K 10代 お住い 茨城県

よくある質問

当日に治療は可能ですか?
可能です。まずは院長のカウンセリング・診察を受けて頂きご希望があれば当日に治療が可能です。
治療中、痛みはありますか?
最初に患部に局所麻酔をしますので、手術中の痛みはありません。麻酔は細い注射針を使用しますので、少しちくっとする程度です。
メイクはすぐに出来ますか?
治療後は、お取りした部位に肌色のテープを貼り、その上からメイクが出来ます。
身体のほくろも取れますか?
可能です。状態を詳しく診察させて頂き医師より詳しくお話させて頂きます。
治療後に注意することはありますか?
治療した部分を紫外線から守るため、2ヶ月間程はUVケアを行って下さい。