二重まぶた切開法二重・目元

二重まぶた切開法

二重を希望される患者様は多くいらっしゃいます。
その理由は、「一重を二重にしたい」という理由だけでなく、「奥二重を幅広の二重にしたい」「左右の幅を整えたい」「毎日アイプチをするのが面倒・・・」など、理由はとても様々です。
二重を作る方法には、埋没法と切開法の2通りがあります。

二重まぶたと一重まぶたの違い

開ける時に働く筋肉を、「上眼瞼(じょうがんけん)挙筋」といいます。
まぶたの中でこの筋肉は、「挙筋腱膜(けんまく)」につながっていて、腱膜は「瞼板(けんばん)」というまぶたの支持組織に付着しています。
二重まぶたの方は、腱膜の一部が皮膚の裏側に連結していて、まぶたを開ける時に瞼板が上がると同時に、皮膚が引き込まれて折りたたまれるため、これが二重として見えるのです。
一重まぶたの方は、腱膜と皮膚の間に脂肪などがあり、腱膜と皮膚がつながっていないため、まぶたを開けても皮膚の折りたたみができません。
そこで、まぶたの皮膚を瞼板に固定(埋没法)したり、折りたたむ時に余分になる組織を取り除いて、皮膚と瞼板のつながりを作ること(切開法)で理想の二重を作ることができます。

二重まぶた切開法とは

切開法とは、希望の二重のライン上で切開することにより、二重を作る方法です。
二重のライン上の余分な皮膚、眼の周りの筋肉(眼輪筋)などの皮下組織を切除しきれいに縫合します。
まぶたの脂肪が多い方は同時に脂肪除去(脱脂)を行うことが可能です。

切開法がお勧めな方
  • まぶたの皮膚が厚い方
  • 幅広の二重にしたい方 など
切開法(二重)+脂肪除去

まぶたが厚ぼったい方や腫れぼったい方、朝起きると目がむくむ方などは、脂肪を取り除くことで腫れぼったさが改善されます。脂肪除去は、切開法、目の上のたるみ取り、埋没法と併せて施術することが可能です。詳しくは目の上・目の下の脂肪除去(脱脂)の詳細ページをご参照ください。

二重まぶた切開法施術の流れ

1.カウンセリング・診察

患者様のご希望をお伺いし、治療の詳細や効果、ご質問、ご料金など詳しくご説明致します。
二重を作る専用のスティックを使って、ご希望のラインを伺いながらシュミレーションを行います。

2.施術の準備

点眼麻酔、まぶたの消毒を行います。

3.施術

デザイン時に決定した二重のラインに沿って、ライン上の余分な皮膚、眼の周りの筋肉(眼輪筋)などの皮下組織を切除しきれいに縫合します。
治療時間は、30分程です。

4.施術後の注意事項の説明

看護士より施術後の注意事項について説明させて頂きます。

二重まぶた切開法のメリット・デメリット

メリット
  • 元に戻りにくい方法です。
    埋没法と違い、糸が外れてラインがなくなってしまう心配が少なくなります。
  • 切開法では、まぶたの余分な皮膚や眼の周りの筋肉(眼輪筋)など皮下組織を一緒に除去することで二重を作ります。
デメリット
  • 腫れが引くまでに時間がかかります。
    埋没法と比べ、腫れが引くまでに時間がかかります。大まかな腫れが引くまでには2週間程、完全に腫れが引くまでには1~2ヶ月程の時間が必要です。
  • 元に戻すことはできません。
    埋没法と違い、切開法は、一度切開してしまうと元に戻すことはできません。
    医師と十分に話し合った上で、どの様な施術方法にするのか決めることが大切です。

治療について

治療時間:
切開法(二重)約30分
切開法(二重)+脂肪除去(脱脂)約40分
通院:1週間後に抜糸通院
料金:

切開法 250,000円(税別)
切開法+脂肪除去(脱脂) 400,000円(税別)

注意事項

  • 上まぶたのメイク(アイシャドウなど)は、テープの上からであれば当日より可能です。
    施術後から抜糸までは切開したラインを保護するために肌色のテープを貼ります。
    テープの上からであればメイクは可能ですが、まぶたに直接メイクできるのは抜糸翌日からとなります。
  • シャワーは当日より可能です。
    体が温まってしまうと、腫れが引くのが遅くなりますので入浴、アルコールは施術後1週間控えて下さい。
  • コンタクトを使用している方は、なるべく施術後1週間は眼鏡をご使用下さい。
    施術直後の装着も可能ですが、施術直後は目がゴロゴロしたりなど装着感が悪いのでなるべく眼鏡のご使用をお勧めします。

二重まぶた切開法のよくある質問

治療時間はどのくらいですか?
お治療時間は両目で30分程頂いております。脂肪除去(脱脂)を一緒に行う場合は40分程みて頂いております。
切開法の治療後、腫れはどのくらいでますか?
大まかな腫れが引くまでには2週間程みて頂いております。完全に腫れが引きご希望のラインになるまでには1~2ヶ月程の時間が必要です。
切開法の治療後、通院は必要ですか?
抜糸のために治療後7日前後に1度、通院が必要です。その後は特に通院の必要はありませんが、気になることがございましたらいつでも検診を行っております。
傷跡は残りますか?
A,切開法の線は二重のラインにあるので目立つことはありません。ご安心下さい。
手術後いつからメイクができますか?
上まぶたのメイク(アイシャドウなど)は、テープの上からであれば当日より可能です。
まぶたに直接メイクできるのは抜糸翌日からとなります。
お風呂はいつから入れますか?
シャワーは当日より可能です。 体が温まってしまうと、腫れが引くのが遅くなりますので入浴は手術後1週間控えて下さい。